RSS Feed

体に良いと信じるものを飲む理由

9月 4th, 2014 by S9vDhd5a in ブログ

健康のために青汁を続ける人って多いですよね。私も曲がりなりに青汁ファンなのですごくわかります。ただ、私の場合野菜が足りないなと言うときの野菜がわりに…という感じでの、気休め的な使い方をしているので、真の青汁ファンがいらしたら一瞥されそうな程度のファンではありますが…。

…というのも結構何でも理屈で考えてしまうところと、まいっか根性が根っから発揮できない弱気なところがあいまって、そういう飲み方にたどり着いたわけなのです。

何かね、こう、例えどんなに体にいいといわれるもであっても、毎日同じものを摂り続けるって変な違和感があるというか、体が慣れてしまってもったいないことになるんじゃないかっていう思いがあるんですよね。例えば何らかの有効成分が効きにくくなるというのも含めて、それにこだわり続ける意味もあるのか??もっと便利に効率のいい使い方をすべきでは??という疑問がわいてくるわけです。

例えば緑の汁物であるが故に、私が青汁の1種だと断固譲らないグリーンスムージーも、酵素の力が体に作用して云々…という理屈で体に良いと言われます。

けどね…「生きた酵素を体に取り入れ」たとしてもね、酵素ってそもそもそもタンパク質でできた分子なんですよ。タンパク質を口に入れると消化吸収されますよね、つまりアミノ酸に分解されちゃうわけですよ。

…生きたまま…どこに届きます??

確かにコラーゲンなどもタンパク質の1種です。コラーゲンを食べると、タンパク質なので同じくアミノ酸に分解されて吸収され、体の中のどんなタンパク質の素として使われるかわからなくなります。けれど、人間の体がコラーゲンを作るとき、コラーゲンに含まれる成分の1つが必要なので、コラーゲンを増やすためにコラーゲンを食べることは無意味ではないのです。

それと同じことが酵素でも言えるかもしれませんが、酵素補給の目的で生野菜と果物の酵素に期待をかけすぎてはいませんか、グリーンスムージーとやら。確かに厳密にいうとグリーンスムージーには熱がダメ・たんぱく質がダメ・砂糖がダメ・言われます。酵素を変質させるからという理由です。そうそう、熱や pH によって変性して活性を失うのですよ、他のたんぱく質と同じで。しかしなんせ口に入れる前にどれだけ気を付けてても、胃袋の中ったら外界とのphの変化ハンパないので、そこんとこどうしようもない感じですよね。

じゃあ、グリーンスムージーの何が体型や体調を変化させるのか。

…食物繊維と摂取カロリーでしょ、水分量もあるし、ビタミンミネラルも多い。「朝はグリーンスムージーだけ」って置き換えダイエットですやん。

…と、いうわけで、酵素云々よりも栄養素と食物繊維と水分の有り難みを意識して楽しむのが、正しいとり組み方じゃないのかなあと、ユルユル青汁ファンは思うのでした。

だけど青汁ランキングで上位の青汁は、酵素インの青汁が結構あるみたいだけどねぇ。

Comments are closed.